中学受験に向けて、親は子どもに学校に受かることだけを導くのではありません。本来、親は勉強を毎日きちんとすることができるような習慣を、長い受験勉強期間に教えてあげることが必要ではないでしょうか。そして自分で考えるということを身に付けされることも大人になってもとても大切なこととして子どもの宝となるはずです。

また中学受験で仮に失敗したとしてもそれで何もなくなるのではなく、またそれまでの期間が無駄になるのでもなく、もっと大切なものが身に付けばよいのではないでしょうか。また受験の失敗や挫折感を体験するということも大きな宝物になります。

ただし、その失敗で自信をなくすようなことにならないために、親がフォローをすることが大切です。そして失敗する辛さ、悲しさ、空しさの勉強だけができるなら失敗もOKではないでしょうか。ただし、そのためにも親は受験に対して必要以上に執着を持たないことです。

子どもは親に喜んでもらいたいという気持ちでいっぱいです。親が受験に期待をするほど失敗したときには、単なる失敗の体験だけでなく、親を悲しめてしまったという必要のない気持ちでつぶされてしまうことも。このようなことがないように親の受験に対する姿勢も大切です。中学受験にはいろいろな勉強をすることができるのです。