中学受験を始める時期について考えてみましょう。まずこれは親の考え方の違いもあり、小学校1年生が無事終って2年生になったぐらいから家庭教師などを付けたり塾に通わせている親もいます。しかし、多くは4年生からスタートする場合が多いようです。

大手受験塾でも4年生から受験クラスがスタートします。そのため3年生までは学校の勉強をきちんとさせるように心掛けている人が多いようです。確かに低学年はまだなかなか受験ということも分からず、それでも無理に頑張らせると、中学受験までの期間が長いので逆に疲れ切ったころで本番ということにも。それに小学校生活のほとんどを中学受験勉強に費やすのは、子どものためにも絶対によくありません。

しかしこれは私立中学受験の場合であって公立中高一貫校受験の場合は、塾に行かなくても学校の勉強をしっかりやっていればチャンスはいくらでもあります。ただし読解力を高めることが大切なので受験勉強ということではなく、小学校1年生からでも読書をさせて本を好きにさせることでより合格のチャンスが広がります。そういう意味では1年生からスタートできるとも言えそうです。できれば私立中学か公立中高一律のどちらを受けるか、早めに決めた方がいいのではないでしょうか。