私立中高一貫校や公立中高一貫校のどちらも、高校の受験をする必要がないことがとても魅力的だと言われています。高校の受験がないため大学受験まで6年間あります。ある学校では5年間の間に6年間分の勉強を終えてしまい、残りの1年は大学受験のための勉強に充てるという学校もあるのです。受験塾よりずっとレベルが高く、それを望んで中学受験を考えている親もいます。

また大学付属の中学なら他の大学受験にはあまり力を入れない代わりに、クラブなどいろいろな体験を受験に邪魔されず6年間充実してできるという学校もあります。また、とにかく3年後の高校受験を6年先に延ばすことができたと一息ついている親もいるとのこと。中高一貫校を受験させる親には、このようにさまざまな思いがあり、それぞれ魅力があるということになります。

このように中高一貫校は6年間を充実して使うことができるため、多くの子どもたちが公立中学より一貫校を望むようになったのです。中高一貫校は今の受験に追いまくられる日本では、とても魅力的なのではないでしょうか。このように受験を少しでも減らしたいための中学受験と、また大学受験予備校としての中学受験という、2つのタイプに分れるようですね。