中学受験塾ではいろいろなタイプがあります。その中でも復習中心の塾と予習中心の塾があります。例えば予習は当然のお約束で、予習してきた子どもが先生の授業で、それについて理解を深めるというタイプです。つまり予習をしていないとまったくついていけないものです。このタイプの塾では予習は確実に必要であり、そのうえ復習も行うようにしなければなりません。

もう一つは逆に授業の後の復習をしっかりさせるという塾もあります。復習のために塾での宿題も、その日習ったことの宿題を出して復習をさせるという塾です。最初にご紹介した予習ありきタイプの塾は、相当やる気のある子どもで、レベルの高い子どもでなければついていくことはできないタイプです。その代わり有名私立中学への合格率も高い塾が多いでしょう。

今の子どものレベルによって、いくら予習ありきタイプの塾に入れても結局挫折することになります。そこで自分の子どもの状態を見て、どのタイプの塾に入れるかを考えるといいでしょう。とはいっても、どんなタイプの塾であっても復習は絶対に重要だということが言えそうです。どうしても子どもだけでなく、親もこどもの復習管理をしていくことが必要になります。