中学受験に関して多くの子どもたちは、その戦略を持っていません。もちろん小学6年生の子どもに、中学受験の戦略を立てろと言う方が無理なことですね。そこで戦略を立てるのは親なのです。しかし親もどうやっていいか分からず、結局塾に任せてしまうという結果になります。

しかし中学受験で成功する子どもの多くは親が戦略を立て、それにそって子どもをある程度操縦しています。逆に中学受験で失敗する子どもは、親がまったく受験から手を引いて塾任せにしている場合がほとんどなのです。例えば塾が戦略を立てても、まだ小学校6年生に塾の指導どおりに勉強していくことはできません。

そこで塾はとにかく詰め込んでいくことで、子どもに少しでも受験に備えるようにしていきます。それで成功する子どももいますが、ほとんどはそれだけではうまくいきません。親が戦略を立てると、毎日の勉強の時間から計画を立てて、無駄のない受験勉強をすることができます。

大学受験でも自分でしっかり計画を立てて、戦略を立てる子どもは成功をします。それを中学受験では親が助けて戦略を立ててあげることなのです。まだ大学受験の高校生と小学校6年生とはまったく違うということなのです。それでも受験にはやっぱりしっかりとした戦略が必要だということになります。