中学受験は子どもにとって、とてもプレッシャーなのです。親は少しでも子どものためにと思うことから、中学受験をさせようと考えるのではないでしょうか。しかしどのように素晴しい思いの基に立って受験をさせようとしても、子どもにとってはプレッシャーであり、遊びから成長する体験を奪われながら受験に取り組んでいるのです。

そして親の期待を一心に受けている子どもはとても辛く、不安を持っています。例えば受験が終って、ほとんどの学校で発表が出た後に、受験に失敗した子どもが成功した子どもに対してのいじめを行うこともあると言われています。

これは同じように頑張ってきたクラスメートたちが、特にほとんど何も差もない同士なのに受験結果の明暗が出てしまった。この現実に子どもなりにぶつけるところがないだと考えられます。つまり子どもにとっては、抱えきれないほどのプレッシャーを抱いて受験を頑張っているのです。

そのことを親がしっかり受け止めてあげることが大切です。子どもは幼いため中学受験だけがすべてだというふう気持ちになります。そこで受験勉強期間であっても、中学受験だけが重要なことではないということを、いつも親が伝えるようにしましょう。