私立中学受験の出題は、小学校で受ける授業内容で分からないものは避けるようにと、文部科学省では注意を促しています。やはり現実には学校の授業だけで、ここまでは無理というものが出題されています。そして中学受験生は学校以外に受験塾に通うことが、必須だとまで言われるようになったのです。

学校ではトップクラスの子どもでも塾に通っていない子どもは、やはり私立中学受験はなかなか難しいものがあるようです。そして国の規定があるためか、小学校の子どもが考えられる解き方で答えを出さなければ、正解にはならないという面倒なところもあります。そこで塾も大切ですが、過去問などで学校によって、どのような傾向の問題が出るのかしっかり把握するようにしましょう。

そして正確にスピーディーに計算などができる訓練も大切です。それに比べて公立中高一律の場合は、逆に学校の基礎をしっかり理解するレベルがあれば大丈夫です。それより長文を読み取る力が必要になります。そして作者の気持ちが理解できることと、自分の意見をきちんと文章にできることが重要です。

このように私立中学とは根本的に違うところがあるので、自分の目標にそって勉強をするようにしましょう。塾に行けない子どもにとって、公立中高一律校は平等感の高い受験となります。