中学受験では親が自分の知識で教えるのは危険があります。例えば受験で数学を解くときでも、その方式は、決まったもの以外は正解にはならないのです。例えば親の知っている、中学や高校で習う方程式を子どもに理解させて、子どもがその方程式を使って答えを出した場合それはアウトなのです。

その年齢の子どもができる方式というものがあり、その考え方で答えを引き出さなければアウトなのです。そのため親は自分の知識で教えてしまうと、中学受験では駄目なのです。このようなことが受験だけの勉強と批判されるところなのです。そこで親は塾や家庭教師に頼るしかないということになります。

特に私立中学受験のときには数学重視の学校が多いので、その辺は親も注意しなければなりません。その点公立中高一貫校の受験は、塾に行かなくてもしっかり学校の勉強をしていれば合格するチャンスがいくらでもあります。

ただし読解力がとても求められるので読書の習慣を低学年、中学年から身に付けておけばチャンスはもっと広がります。ある意味受験に対する矛盾がないのではないでしょうか。そんなことからも公立中学受験は人気となっています。しかし、もし私立中学受験なら、やはり親も中学受験のための勉強をすることも大切かも知れませんね。