中学受験の場合、過去問はとても重要です。塾などでも過去問を何回も行うのではないでしょうか。しかし家庭でも過去問を上手に利用することが重要です。過去問の場合、できないと何回もその繰り返しをさせてしまうことがあります。それでできるようになるとクリアしたと勘違いしてしまいます。

しかしそれはその問題に対してクリアしただけで、本当に分からなかったところをクリアしたわけではないのです。そこで過去問で分からないところがあったら、もうその問題はせずにできなかった根本をしっかり勉強させることが重要です。家でお母さんやお父さんが一緒に勉強して覚えさせてあげるのもおすすめです。

そして基本が分かるようになったら、それをつかった小問題をいくつかクリアできるようにして、そのあともう一度できなかった過去問をやらせてみましょう。これできちんとできればOKということになります。

例えば過去問の失敗であっても、内容的には分かっていることなので、問の文章に読み取りミスがあるなら、また別なところで訓練をさせることが必要になります。このようにできない問題を繰り返すのではなく、分からないところを早く親が見つけ、そこを完全にクリアさせる勉強をするようにしていきましょう。