中学受験はまだまだ小さい小学6年生が行うことです。そのために塾に通ったり、遅くまで勉強をしたりと6年生の子どもにとっては大変な重労働です。まだこの年齢の子どもは体力なども個人差があり、自分の子どもの体力がどうなのかということも考えなければなりません。無理をして今後の成長に影響があったり、病気の原因になってしまっては大変です。

まず親は子どもを中学受験させたいなら、しっかりとした栄養管理と健康管理をもっと前からずっとやっておくべきなのです。それを怠っていて、小学校高学年になったら中学受験しましょうと言っても、子どもは体がついていけません。親の責任としてしっかり体づくりをすることが重要であり、それでも体力の弱い子どもはそれなりの勉強の仕方で受験勉強を考えるようにしなければなりません。

ただでさえ睡眠時間も大切な年齢です。少しでも自宅の近くの塾にするなど体力を考えるべきでしょう。遠いところの塾であれば、通う時間と体力を考えると小学6年生の子どもには無理です。頑張ったとしても、そこには何かの問題が発生することが十分考えられます。それが後々になって出てくることもあるので、子どもの健康と成長を第一に考えましょう。