中学受験において、塾で分からないこともたくさん出てきます。そんな時にそれをそのままにしておくと、挫折の一途ということにもなりかねません。そこで親はいつも子どもの状態を把握することが大切です。そして分からないことは「お母さんと一緒に考えてみよう」というように子どもに常々言っておくようにしましょう。

子どもは分からないことがあったら、すぐにお母さんに相談することができるという環境をつくっておきます。だからといって、すぐに教えてあげることはしないようにしましょう。それに親も昔の考え方を教えてしまうこともあります。そこで親は分かっていることでも、分からないふりをして一緒に子どもと分からないところの解明をしていくようにします。

子どもにとっては、親と一緒に分からないところを勉強していくというイメージです。そしてもちろん親は分かっていても親のペースで進めていくのではなく、あくまでも子どものペースを大切にして行います。「これって、ここの方式はどこに出ているかしら?」というように、親も子どもと友達のようになって一緒に調べさせることを身に付けさせましょう。

親は分からないところを教えるより、分からないところの調べ方を指導ではなく、同じ目線に立って自然に導いてあげることが大切なのです。子どもは分からないところを考えるという力が大切なのです。