中学受験のための塾には入塾試験があるところもあります。高いレベルの中学受験を考えるなら、やはり大手の入塾があるところを目指すべきでしょう。しかしその塾に入るための入塾試験でクラスも決まってしまいます。少しでもトップクラスからスタートするようにしたいものです。

そのために入塾試験のための準備も考えておきましょう。小学年生の1月に試験があり、2月から4年生としての塾がスタートします。まず準備として3年生までの学校の勉強をしっかりしておくことが大切です。そして特に試験のための準備はせいぜい3カ月前からで大丈夫です。

試験の内容は学校の勉強がしっかりできていれば大丈夫ですが、国語は長文が出るので慣れてないとなかなか力を発揮することができません。また算数も試験問題はとても多いので、それにも慣れておく必要があります。受験問題集などを購入して慣れておくことが大切です。そのために3カ月前から練習しましょう。

つまり中学受験では3年生の夏休みが終った辺りから入塾受験準備となります。ただし公立中高一貫中学の場合は、塾は行かなくても頑張れば大丈夫です。しかし小学校に入学してからすぐに読書を毎日読ませることが重要になります。なかなかそれが難しいようなら公立中高一貫中学受験専門の塾も考えるべきかも知れません。