中学受験をしているときに、思ったように分からないところが聞けないことが塾のデメリットと考える人が多いようです。しかし塾で聞ける環境や、聞ける子どもがいいかというと、そうとも言えないのです。つまりなんでもすぐ聞く癖は良くないのです。

まず自分で考えることが一番身に付くとのこと。それによって応用もできるようになり、どのようなかたちの試験問題が出ても、対応できる自分になれるというわけです。つまり聞けないことが、逆に勉強を自分のものにすることができる方法なのです。

自分で分からないことをどうにかしてでも調べてみるという力を備えるためには、あまり聞けないような環境が逆に良いと言えるのです。しかしそこまで子ども一人で頑張れるかというと、中学受験の年齢ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでこのような自分で考えることを指導してくれる家庭教師が一番おすすめなのです。

しかし家庭教師にはすぐに聞けて、自分だけのお抱え教師というものを求める子どもや親が多いように思います。しかし本当に中学受験で高いレベルの学校を目的にするなら、聞かない力を養ってくれる家庭教師が最高だと言えそうです。その代わり親は高い日給を払っても、1日中何も進まない日もある覚悟が必要になります。