中学受験するときには学校選びから考えましょう。とりあえず区立以外の中学に入りたいという場合もあります。また大学受験をしたくないので大学付属中学を選ぶ人もいます。国立中高一貫校で高い教育を受けたい。またレベルの高い教育を受けることができ、高校受験も心配ない公立中高一貫校を受験したいなどいろいろあります。

まず私立中高一貫校で受験校・私立中高一貫大学付属校・国立中高一貫校・公立中高一貫校などがあります。まずこの中から選ぶわけですが、進学校か大学付属校かということも決めるポイントです。大学付属校であっても、高校自体が受験校になっている場合もあります。また男子校、女子校、男女共学、別学なども選ぶポイントになります。

また自宅からの通学距離はどうなのかということも考えるべきでしょう。6年間通うということも考えて選びましょう。やはり遠すぎるところは中学生には無理ではないでしょうか。また学力も自分にあったところを選ぶようにしましょう。そしてどこでもいいから私立に入りたいということではなく、どこに入りたいという目的をしっかりもちましょう。

またその学校の入学金、月謝、寄付金、その他の費用など、どの程度必要かも調べて無理のないようにしないと、途中で続かなくなって辞める子どもも必ずどこにでもいるので、最初から調べておきましょう。