中学受験をするときに併願校を選ぶことも大切です。そんなときのポイントを考えてみましょう。今は少子化ということで中学試験のレベルは少し下がっているとも言われていますが、実際に中学受験率は高くなっているという現状があります。首都圏となると20%の小学生が中学受験をすると言われています。

そして多くの子どもが併願校を幾つか選んで受験しています。特に最近は強気受験が注目されています。昔は中学の偏差値を少しずつズラして、いろいろなレベルの学校を選ぶようにしていましたが、今はどれも偏差値の高い同じような学校を選ぶ子どもが増えているとのこと。

私立なら相当落としても、どこかに受かりたいという意識ではなく、自分にとって行く価値がない中学は最初から受けないという意識をもっています。そのため行く価値がある中学ばかり受験するので、同じようなレベルの学校を併願することになるのです。

しかしやはり受験を成功させるためには、少しずつ違ったレベルや受験内容の傾向の違う学校を選ぶことがポイントだと言われています。もちろん自分の偏差値が第一志望校のレベルに達している場合は、同じようなところを幾つか受けるのもいいでしょう。しかしそのためには自分の偏差値を高くすることが先決となります。そうでなければ、いろいろな偏差値を混ぜて受ける方がいいのではないでしょうか。