最近、中学受験のための個別指導塾に人気が高まっているとのこと。集団型の塾が個別指導部を設けたり、家庭教師業界の大手が個別指導を始めたことによって、個別指導がとても注目されています。個別指導の魅力はなんといっても集団型塾と家庭教師のいいところではないでしょうか。

中学受験の場合まだ子どもは小学校6年生なので、集団の中で勉強が進まない子どもはたくさんいます。だからこそそんな子どもにも個別指導塾はピッタリなのです。個別指導塾といっても先生1人、生徒1人の場合もあれば先生1人、生徒数人という場合があります。生徒が数人の場合は先生が巡回して教えていきます。それでも集団型のようにみんなと一緒ではないので、分からないところもヒントをもらいやすいし、それにあった勉強を指導してもらえます。

また家庭教師は自宅に来てもらうわけですが、その分料金も高くなります。個別指導型塾なら塾のように通うことになりますが、家庭教師よりずっと料金が安くなるため親としては使いやすいのではないでしょうか。このように今、個人指導塾を利用する中学受験を目指した子どもたちがとても増えているのです。そして受験市場としても、今大きく変化をしようとしているのです。